ロシアから亡命し、西欧で文筆活動と教育に関わった後、アメリカに移住して活動した作家・詩人のウラジミール・ナボコフ。
。1955年に発表した小説『ロリータ』は、そのスキャンダラスな内容が世界中で話題となった。
『キング、クイーンそしてジャック』『魅惑者』『マルゴ』などの作品の他、文学講義が出版されている。亡命文学の代表格としても語られる。
表示切替: 並び順:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

古本郵送・宅配買取

ページトップへ