ブエノスアイレスで生まれ、ヨーロッパを渡り歩いた画家、レオノール・フィニ。エロティックで幻想的な絵画や、小説の挿画、死のイメージ漂うデッサンなどを多く描いています。
マックス・エルンスト、レオノーラ・キャリントン、ポール・エリュアール、アンドレ・ブルトンなどシュルレアリスムの作家と交流しながらも、特定のグループには属さず、自由な生き方を作品に反映させました。メタモルフォシスや両性具有をテーマとした作品もあり、スフィンクスの絵を多く描いています。
仮面に惹かれ、自ら仮装し、多くの写真を残しています。
猫を愛した芸術家としても知られ、アトリエに多くの猫を飼っていました。
表示切替: 並び順:
11件中1件~11件を表示
11件中1件~11件を表示

ページトップへ