大いなる神秘の鍵 エリファス・レヴィ 鈴木啓司 訳

価格: ¥5,800 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

人文書院 2011年初版 ハードカバー 538ページ

【帯より】『高等魔術の教理と祭儀』、『魔術の歴史』に続く、レヴィ“魔術三部作”の完結篇。近代オカルティズムの祖と称されるのにふさわしく、社会変革の夢に裏打ちされたその隠秘学は、ボードレール、リラダン、マラルメ、イェイツ、ジャリ等の同時代の象徴派詩人はもとより、ブルトンを始めとするシュルレアリスト、ジョイス、ミラー等の現代の重要な作家たちにも絶大な影響を及ぼしつづけている。わが国においても、日夏耿之介、生田耕作、澁澤龍彦等の熱讃者が後を絶えない。三部作の掉尾を飾る本書において、大奥義の何たるかがようやく明かされることになるのか否か、はたして如何。

状態:表紙に薄い汚れ、小傷み有。

この本に興味のある方には、こんな本もおすすめします。

ページトップへ