百物語怪談集成 (叢書江戸文庫 2) 太刀川清 校正

価格: ¥2,000 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

国書刊行会 1987年初版 ハードカバー 箱付き 373ページ

【箱より】青い紙で張った行灯に灯心を百本入れる。恐しい話を交代で語り、話終わるごとに灯心を一本一本消してゆく。怪談が百話に至り、火が全て消えたとき、そこに怪異が出現する……。江戸時代この百物語怪談によって多くの怪談集が編まれた。無実にして主家に惨殺された下女の怨みが引き起こす血の幻想、灰の中よりふるい立つ火葬死体――秋成、鏡花へと連なる巷説、異聞の数々。「諸国百物語」「御伽百物語」「太平百物語」を収録。

状態:並。箱に薄い汚れ、小さな痛みがあります。本体表紙と裏表紙に薄い汚れ、小さな痛みがあります。天小口底に薄いシミ・汚れ点在。

※ゆうメール可

ページトップへ