世紀末美術を代表する退廃の画家、オーブリー・ビアズリー。

オスカー・ワイルド「サロメ」悪魔的な魅力を放つエロティックな挿絵や、伝説の文芸誌「イエロー・ブック」「サヴォイ」の美術担当編集など、25年の生涯で数多くのスキャンダラスな作品を残しました。

後世に与えた影響は大きく、ヨーロッパではその後の挿絵画家の黄金時代や、バイロスなどエロティックな版画ブームへの布石となり、日本においては山名文夫、橘小夢、佐伯俊男、宇野亜喜良などのアーティストに代表されるように、イラストレーション、ポスターデザイン、コミックなど様々な分野への影響が見て取れます。
 
表示切替: 並び順:
16件中1件~16件を表示
16件中1件~16件を表示

ページトップへ