吉屋信子は少女小説の元祖ともいえる作家です。少女同士のロマンティックな関係を多く描いています。1920~70年代初頭の長きにわたって活躍し、本人もまた生涯を女性とともに過ごしました。

華やかな言葉の連なる文体が彼女の作品における特徴です。ときに主語さえ曖昧になる美文は王朝文学のように典雅な趣。生産活動に否といい、美しさに耽溺する少女たちの関係性にも重なります。

吉屋信子はまた少女漫画や百合文化の先駆けでもあります。女性だけの環境、少女の情熱的な友愛など、吉屋信子が好んで書いたモチーフは現代の少女文化においても重要です。
表示切替: 並び順: 在庫:
8件中1件~8件を表示
8件中1件~8件を表示

宅配買取 | 古書ドリスに本をお売りください。当店は古書組合加盟店。

ページトップへ