日本の作家夢野久作は福岡県福岡市出身。九州の方言で、「夢の久作」とは「夢ばかりみている夢想家で変人」の意でそのままペンネームにしました。 「あやかしの鼓」で作家デビュー。渾身の代表作「ドグラ・マグラ」は小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」、中井英夫の「虚無への供物」と並び日本探偵小説三大奇書に数えられています。幻想、怪奇な筆致は、読むものを倒錯と錯乱の境地に引きずり込むよう。
他、代表作に「少女地獄」「犬神博士」「瓶詰の地獄」「いなか、の、じけん」などがあります。
表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示

商品一覧

2件中1件~2件を表示

古本郵送・宅配買取

ページトップへ