ヴィクトリア朝時代のイギリスにおいて、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハント、ジョン・エヴァレット・ミレイの3人の画家によって結成。
美術批評家ジョン・ラスキンの思想的影響も受け、神話を題材として明るい画面、鮮やかな色彩、緻密な描写を特徴とするとする画風を確立。
ロセッティの下で美術を学んだエドワード・バーン=ジョーンズやウィリアム・モリスもラファエル前派の影響下にある。
代表的な作品としてはミレイの「オフィーリア」が有名。ロセッティの描く妖艶なファム・ファタールは、画家たちを巡る女性とのスキャンダルとともに知られている。
表示切替: 並び順:
15件中1件~15件を表示
15件中1件~15件を表示

古本買取ご相談ください

ページトップへ