おとぎの“アリス” ルイス・キャロル ジョン・テニエル 絵

価格: ¥1,100 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

ほるぷ出版 1990年4刷 ハードカバー 260×205mm 56ページ

高山宏 訳
【袖より】1862年の夏のある日、オックスフォード大学の数学者で牧師でもあったルイス・キャロルが、学寮長の娘アリス・リデルとその二人の姉をつれてピクニックに出かけ、姉妹に話して聞かせた物語が、のちに『ふしぎの国のアリス』となって出版され、今でも愛読される児童文学の大傑作となりました。それをさらに、幼い子たちにも読んでもらいたいと、キャロル自身が書き改め、大きい色刷のさし絵をつけて出版したのが、このすばらしい絵本です。

状態:並。カバーに薄い汚れ、小さな傷み、若干の褪色・黄ばみがあります。

※ゆうメール可

この本に興味のある方には、こんな本もおすすめします。

ページトップへ