フランス印象派の陶磁器 1866-1886:ジャポニスムの成熟 図録

価格: ¥2,000 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

パナソニック汐留ミュージアム 2013年 ソフトカバー 270×225? 197ページ

2013-14年にパナソニック汐留ミュージアムなどで開催された展覧会の図録です。19世紀パリの印象派スタイルの絵付けがされた陶磁器のほか、日本美術の影響を受けたテーブルウェアや陶芸作品など145点を紹介。
【目次より】フランス19世紀後半の≪ルソー≫シリーズからアビランド社のジャポニズムへのアプローチ/テーブルウェアの大革命!フェリックス・ブラックモンの≪ルソー≫シリーズとジュール・ヴィエイヤール工房/アビランド社の硬質磁器における革命 オートゥイユ工房のデザイン/ファイアンス陶器から「印象派の陶磁器」テラコッタへ アビランド社オートゥイユ工房/?器・新しい素材への新しいアプローチ アビランド社ブロメ通り工房/チャイニーズ・レッド:名陶工エルネスト・シャプレ/≪ルソー≫シリーズに写された日本版画 ほか

状態:並。表紙と裏表紙に薄い汚れ、スレ、小さな傷みがあります。天に薄い汚れがあります。

この本に興味のある方には、こんな本もおすすめします。

ページトップへ