龍とドラゴン:幻獣の図像学 (イメージの博物誌 13) フランシス・ハックスリー 中野美代子 訳

価格: ¥1,500 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

平凡社 1982年初版 ソフトカバー 275×200㎜ 107ページ

【表紙より】東方世界の龍と西方世界のドラゴン――それは大昔より人類の歴史に登場する幻の怪獣である。崇高なる者、忌むべき者、世界の主……。さまざまな称号が彼らに与えられ、守護神として神聖視される反面、わるさをして英雄に退治されたりもする。人びとにたえず夢と恐れを抱かせる、この幻獣の正体は何か?あらゆる角度から龍とドラゴンの秘密を探り、その全体像を解き明かした画期的な書。

状態:並。表紙と裏表紙に薄い汚れ、スレ、小さな傷み、少々退色・黄ばみがあります。天に薄いシミ・汚れ点在。底に少々汚れがあります。

※ゆうメール可

この本に興味のある方には、こんな本もおすすめします。

ページトップへ