神聖舞踏:神々との出あい (イメージの博物誌 2) マリア=ガブリエル・ヴォジーン 市川雅 訳

価格: ¥1,500 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

平凡社 1977年初版 ソフトカバー 275×200㎜ 127ページ

【表紙より】神話は世界の創造を、宇宙を舞台とした<神の舞踏>として説明する。「舞踏神シヴァは水、火、風、エーテルとともに踊る」。舞踏の歴史は人類の歴史と同じように古い。原初のあらゆる祭式は舞踏であった。(中略)ここでは、太陽神である天照大神の再生を願って、天の岩戸の前で踊る天鈿女命、初期キリスト教における<イエスの舞踏>、バッカスの狂宴、イスラム教托鉢僧の踊りなどをとりあげ、舞踏という、人間の最も古い<生>の形式と、それを支える深い衝動との関連を明らかにする。

状態:並下。全体的に少々ヤケ、汚れがあります。表紙と裏表紙に汚れ、スレ、傷み、少々退色・黄ばみがあります。天に薄いシミ・汚れ多数点在。小口に少々傷みがあります。底に少々汚れがあります。123・124ページの上部に1cmほどの破れ、傷みがあります。

※ゆうメール可

この本に興味のある方には、こんな本もおすすめします。

ページトップへ