組版原論 タイポグラフィと活字・写植・DTP 府川充男

価格: ¥7,800 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

太田出版 1996年 ハードカバー 265×185mm 395ページ

【帯より】実のところ、いま最も切実に必要とされているのは先行する世代の経験の継承と「電子的復元」であり、そのための智識は何よりも活字時代の資料から汲み取られる外ない。活版印刷史研究と精密組版の実践で知られるタイポグラファーがその視点と技法のすべてを初めて体系的にまとめあげた待望の「超実用書」。ページ・レイアウト・ソフトを用いて高品位の日本語組版をめざす編集者・デザイナー・DTPオペレーター必携。

状態:表紙に薄い汚れ、少痛み。天小口に汚れ有。

本をお売りください。

ページトップへ