幕末から明治期にかけて活動し、最後の浮世絵師と評される、月岡芳年。
またの名を「血まみれ芳年」と言い、民話・伝説から実際の事件までを題材とした、残酷極まりない血みどろの絵を新聞に挿絵を発表しました。発禁処分を受けながらも、異色の浮世絵師として大衆の人気を得ています。
代表作「英名二十八衆句」には漫画家・丸尾末広と花輪和一がオマージュを捧げています。海外でも画集がいくつか発行されており、現代でも国内外で高く評価されています。
ショッキングな題材の他にも、美人画・武者絵・風俗画にも傑作が多く、絵師として確かな技術を持っていました。
表示切替: 並び順:
9件中1件~9件を表示
9件中1件~9件を表示
本をお売りください。

球体関節人形写真集特集

KATAN DOLL カタンドール  天野可淡人形作品集 CD-ROM

ページトップへ